来季への期待を予感させる引き分け!アウェイ大宮戦 2019年シーズン

スポンサーリンク

みごとな試合でした。

勝っていればなお
良かったのですが、
最後の大武のPKは
いただけない。

プロとしてどうなのでしょう?


審判の居る側から
ペナルティーエリアで
ユニフォームを引っ張っている。

「うーん、考えさせられます。」



それでも試合内容は
良かったと思いました。

大宮のメンバーをみても
なかなかのメンバーが揃っている。

J1仕様と言っていいでしょう。


昨年のJ2得点王、大前。
シモヴィッチ
なんかも
ベンチスタートなんですね。


その大宮相手に
互角の展開。

自動昇格の掛かっている
大宮に対して、
消化試合となってしまった
アルビでしたが、
選手の意地を十分に
感じることができました。

感動しました。

気持ちの面では
絶対に負けては
いませんでしたね。

レオナルド、シルビーニョが
出だしからミスを
連発していましたが、
それがなければ
圧勝していた
可能性もありました。


得点を決めた
渡邉新太も素晴らしい。

あのシュートはなかなか
体幹が強くないと打てない。

技術は高いと思います。

新太も振り切るシュートだけでなく、
合わせて流しこむシュートも
覚えたら
かなり得点を量産できるのに
残念です。

それでも
新太の今季の成長は
著しいし、
来季の期待は大です。

本間至恩にしても
十分に相手に脅威を
与えていたし、
若手を中心に来季は
本当に期待できますね。


吉永監督退任は残念ですが、
ラスト一試合
勝利で花道をかざりたいですね。








ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。