まさかの黒星、愛媛戦。光はみえるか!? 2018年シーズン

スポンサーリンク

まぁ、無敗のままシーズンを終了できるとは
思ってはいませんが、
今日の敗戦は、内容も悪すぎました↘


愛媛もまだ勝ててないということで
気合十分。

前線からの素早く、厳しいプレス。

これをうまくかわせれば、
アルビは勝利をほぼ手中に出来るのですが、

今はそのレベルにはないようです・・・


今季、ルヴァンFC東京戦と全く逆の展開。
あの時は、アルビは前線から猛然とプレスを
かけ続けましたが、ことごとくかわされて、
ボールを奪うことができず、疲弊。

プレスの効果がないとわかってくると
チーム内にもぶれが出始めます。

このまま前線からプレスをかけ続けて
いいのだろうか・・・


アルビはその状態に持っていくことは
出来ませんでした。

多分、愛媛はこのままプレスをかけ続けていれば
いつかは奪えてショートカンターの
チャンスがつかめると
手応えを感じていたのでは
ないでしょうか。

実際には、ショートカウンターからの
失点はありませんでしたが、
あぶない場面は何度か作られて
しまいました。


愛媛は守備も固く、簡単には崩せません。

組織的に守るというのは、
そこまで技術が必要ではないので、
ある程度、修正してきていたのでしょう。

ほぼ、点が取れる感じがしなかった。


こういう相手には、もう正攻法では
なかなか勝てないかもしれませんね。


少し、引いて相手にボールを持たせて、
ゴール前から引き出したり、
もしくは、ドリブラーを入れて
強引な突破でファールをもらい
セットプレーを増やしたり。

パス交換から相手を崩すというのは、
僕も好きで、見ていても面白い
とは思うのですが、相手が守備に
人数をかけてきて、スペースがないと
なかなか難しい。

なにか鈴木アルビの限界がみえた
ようで気になります。


なかなか調子の上がらない
鈴木アルビですが、
救いは、両外国人の調子が上がってきていない
ということでしょうか。

ターレスはまだまだ、体が重そうです。

ターレスが動けるようになってきたら、
かなりやってくれそうですし、
メネゲウも実力者。

2人がスタメンを張るようになってくれば、
またチームもワンランク上にいけるのでは
ないでしょうか。

前にある監督が話していたのですが、
ブラジルから来て、いきなり日本で活躍できるのは
まれで、ある程度慣れるのに時間がかかるそうです。


できれば、常に2位以内には入っていたい
ところですが、
まだまだあきらめる時期ではないので、
次節は、昇格を争うのではないかといわれている徳島。
ガツンと叩いて、
上昇していきましょう。




アルビ情報こちらにもあります(ブログ村)にほんブログ村 アルビ情報こちらにもありますrakkoani.gif











ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。