愛媛に惨敗!これからも審判を続けたければ読むべきブログ。2020年シーズン

スポンサーリンク


アルビレックス新潟 0-3 愛媛FC

昨日の敗戦は、
本当に落ち込みました。

水曜日までは、
金沢戦勝利の余韻で
ウキウキしていたのに
この敗戦で
こうも気分が違うとは
自分でもおどろきました。
(T_T)




愛媛は、
守備に人数を
かけていたので
先制点を取られると
苦しくなると
思いましたが
先に失点。




あの守備を
こじ開けるのは、
簡単ではないですね。




それでも
うまく、ゆさぶったり
引き出したりで
ゴールまで
あと、一歩まで
迫ったわけですから
さすがです。




ただ、攻撃に人数をかけていたとはいえ
簡単に3失点してしまう
というのは、
まだ、まだ力不足なのでしょう。




ただ
審判に泣かされたのも
事実。
アルビの得点が
オフサイドで
取り消された判定には、
どうしても納得できません!




今日の審判団は
プロスポーツが
どういうシステムで
成り立っているのかを
もっと知るべきです。




プロの場合は、
人が、「観たい!」
と思ってくれる
エンターテイメントに
しなければ
いけません。




クソ真面目に
判定をすることだけが
全てではありません。




どちらとも
取れる判定の時は、
審判の判断で
決めて良いと思います。




昨日のホームチームは、
新潟。
しかも新潟は昇格がかかる
大事な試合。




どういう
判定が盛り上がるかは
大人だったら
わかるはず。
(もちろん
 1パーセントの
 迷いなくオフサイドと
 断言するので
 あれば話は別ですが。)




主審は、
ゴールを認めているのに
それをわざわざ覆す
必要があったのでしょうか???

それに田上がボールを
受けた時点で
旗をあげてないじゃ
ないですか!!!

*ハイライト映像でも
 確認できます。
 幻の同点ゴールが
 決まった瞬間に
 愛媛の選手がオフサイドでは
 ないかと副審を確認した時の
 選手の表情を見れば
 ゴールが決まった瞬間も
 まだ旗を上げていないのは
 あきらかです。




【ハイライト】アルビレックス新潟 vs 愛媛FC【J2第36節 2020.11.25】






”アルビの同点ゴールで
試合は振り出し”で
なんの問題があるのでしょうか。

海外だったら
審判が愛媛から
お金をもらっていると
言われても
しかたがないところです。
(まぁ、審判がホームを
 極端に贔屓しないと
 いうのも日本の
 良いところでもあるのですが・・・)

愛媛の2点目の方が
よほどオフサイドぽい
ですけどね。

本当に悔しいですが、
力不足というのも事実。

J2下位相手だったら
力の差を見せつけるくらいでないと
J1で苦戦するのは
間違いないので
もう一度
出直しですね。

それでも
矢村、秋山は良かったと
思うので
今後に期待しましょう。

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense