アルベルト監督ご立腹。栃木SC戦。悔しい引き分け。2021年シーズン

スポンサーリンク


矢村のスーパーオーバーヘッド
で先制するも
逆転されて
後半アディショナルタイムで
追いつくのがやっとでした。

今季初黒星がちらつく中
最後の最後で勝ち点1を
奪えたことを喜びましょう。

今季はここまで9試合。

いままで一番攻めあぐねたのでは
ないでしょうか。

正直、栃木があれだけ前線から
プレスを仕掛けてくるとは
思いませんでした。
なかなか
プレスをかいくぐることが
できませんでした。

この試合までは
藤原がうまくボールを
さばけていたのですが、
そのあたりをうまくケアされて
しまいました。

アルベルト監督の言う通り
ファール覚悟の激しい
プレスでしたが、
なんとか切り抜けてほしかった。

今後はビルドアップ時に
サイドバックが封じられる
試合も増えそうです。


ものすごくがんばっている
谷口ですが、
今日は鈴木不在の影響が
出てしまいました。

今日の谷口は決定機を
2度ほど外してしまいましたが、
ここを決めれるかどうかが
本当に大きいところ。

2発沈めてくれれば
もっと楽な試合展開に
できたとは思います。

決定機と言っても
簡単なシュートではありませんが、
枠外にふっとばしてしまうので
そこは、もう少しレベルアップして
ほしいところです。

プラス材料としては、
スーパーゴールを決めた
矢村が良かったことと
谷口もシュート以外では、
身体の強さや
裏抜けのうまさなど
特徴を発揮してくれたこと。

あとは三戸選手がキレキレだった
ことですね。

またすぐに試合があるので
切り替えて、次節は
勝利で自信を取り戻してほしい
ものです。

それにしても
矢野と柳は
張り切りすぎでしょう・・・ ^^;

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense