苦しみながらの勝利!甲府戦。次節は立て直せる理由とは。#albirex “甲府新潟

スポンサーリンク


アルビレックス新潟 2-1 ヴァンフォーレ甲府




苦しい、苦しい勝利でした。

甲府の前線からの激しい
連動するプレスに
苦しめられました。

三平をはじめ
かなりするどいプレスのうえ
なかなか運動量も
落ちず、いつも通りのパスが
つながりません。

奪われると
個々の技術が高く
逆にボールを奪えず
かなり
いなされてしまいました。

こんなチームが下位に
低迷しているのですから
J2恐るべしです。

新潟と甲府の差は
紙一重なのでしょう。

その紙一重が大きいのかも
しれませんが。


苦しい試合でしたが、
次節は立て直せるんじゃ
ないかと
思った理由は、
ディフェンスラインが
変わったことが
大きかったんじゃないか
と思ったからです。

今日は、早川と泰基の
ところで苦しめられました。

2人ともがんばっていたとは
思いますが、
プレスが来たところで
ワンタッチでかわすプレーが
なく一度トラップしてしまうため
どうしても
相手、前線からのプレスの
スピードがあると
苦し紛れのバックパスや
ロングボールが多くなってしまいます。

今日は下げるボールが多かった。

デン、舞行龍、堀米がいたら
もっとテンポのある
違う展開に持ち込めたような
気もします。

今日は内容的には
苦しい試合でしたが、
勝ち点3が取れたのが
最大の収穫ですね。

ひとつ心配なのは
藤原のコンディションだけですね。

それにしても藤原は
タフです。


次節は水戸戦。
スッキリ勝利で
今日のもやもやを

吹き飛ばしましょう。

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。