ついに初黒星。FC町田ゼルビア戦、次節で解かる昇格の行方とアルベルト監督の謎の発言とは。2021年シーズン

スポンサーリンク


ついに敗れてしまいました~!

まぁ、いままでが良すぎたので
1敗したといっても
成績的には
落ち込むことは
ないとは思いますが。

ただ
前節の松本山雅戦0対0のスコアレスドロー
今日、町田戦の前半と
攻撃陣がうまく抑え込まれている
ような気がして
少し心配です。


さすが上位に顔を
出しているだけあって
町田は個々の選手がうまかった。

今日の2失点は
「あれが、入っちゃうかー」
と言うゴールで
多少、運もなかったかなとも
思うので、
守備陣に関しては
そこまで心配しなくても
いいのかもしれません。

本来、町田に勝って
勢いそのままで
京都と対戦したかったところですが、
完全に出鼻をくじかれて
しまいました。

今季は初黒星ということなので
うまく切り替えられるか、
も重要になってきます。

次節、敗れて連敗となってしまうと、
流れ的にズルズルと
いってしまう恐れもあります。

逆に、次節京都に
スッキリ勝利で
修正力をみせつけることが
できれば
一気に良い流れを
持ってこれそうです。

次節京都戦は
今季を占う
大切な一戦となって
しまいました。

アルベルトの修正力に
注目したいと思います。


ひとつ気になったのが、
監督が最後のインタビューで
審判の判定にクレームを
付けていたことです。

なんのことを言っているのでしょう?

たしかに、町田のハンドを
取らなかったり
(シュートシーンのところでは
 ありません。)
接触プレーに厳しすぎたわりには
堀米への危険なプレーを
流したり、
?な判定はありました。

でも、ハンドの判定や
接触プレーの判定は
微妙なところでもあるので
審判の基準を早目に理解
する必要もあるのでは。

個人的には
町田に有利な笛を吹いていた
ようには感じなかった。

実際、詳しい人からみると
どうなんでしょうか?

コメントもらえると
うれしいです。

鈴木孝司も復帰、
今日は少し連携面で
疑問の残るプレーも
散見されましたが、
次節以降は良くなってくる
でしょう。

次節、京都に1回勝っておけば
昇格レースも楽になってくるので
次節はホーム必勝で
行きましょう!

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense