ホーム開幕、山口戦 初勝利ならず。かすかに見えた残酷な課題とは。2022年シーズン #albirex

スポンサーリンク


アルビレックス新潟 1ー1 レノファ山口

いよいよホーム開幕!

期待しましたが、
内容は低調な試合となってしまいました。

相手FW
大槻に一瞬のスキをつかれて
先制を許します。

大宮戦も同じだったんですが、
こういう失点が多い。

クロスから飛び込まれて
一瞬のスキを
突かれて失点してしまうんですよね。

これは、去年も多かった。

舞行龍、千葉の
センターバックコンビは
強いし、ボールを持てるし
フィードがうまくて
明らかに攻撃の起点になっている。

J2屈指のセンターバックだとは
思っていますが、
前節、河田に食らった
2失点と今回の失点。

このあたりは
スピードのなさという
ウイークポイントをさらけ出して
しまっているような気がします。

二人と好きだし
応援していますが、
J1で試合にからめなかったのは
こういう部分なのかなぁとも
思ってしまいました。

ふたりとも
新潟のサッカーにマッチした
素晴らしいスキルを持っているので
がんばってほしいものです。


攻撃の部分はと言うと、
悪くはなかったと思います。

ただ、ミスが多すぎた。

パスが微妙にずれることが
多すぎです。

逆に言えば
攻撃の形、連携は
積み上げたものも生きているのか
良かったです。

今日はピッチコンディションの
影響もあったと思います。
普通にやれば、
チャンスはこれからも
多くつくれるでしょう。


マイナス面を上げるとすれば、
やっぱり決定力ということに
なってしまうんでしょう。

特に伊藤は
シュートシーンで
あの大ぶりだとなかなか
得点数は増えないでしょう。

たぶん、ディフェンダーにあたる
ケースが増えそうです。

ただ、そこ意外はホントに
良い選手だと思いますので、
新潟で一皮むけてほしいものです。

こういう選手をみていると、
どうしても
アルビで2年連続
得点王に輝いたマルクス
思い出してしまいます。

マルクスは
ビシと決まるスーパーゴールなんて
ほとんどないんですよね。

ゴール前の落ち着きと
わずかにタイミンをずらす
フェイント。

これだけでゴールを量産していました。

もちろんシュート技術も高かったですが。

ボールの保持や
トラップ、ドリブルなんかは、
伊藤の方がうまいくらいです。


今日は至恩に救われました。


そこまで、悪いサッカーをしているとは
思わないので、
ここから勝ち星を伸ばせるでしょう。

期待しましょう。







ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。