2021年新体制発表①レンタル移籍を考える。

スポンサーリンク


今年も、新加入の選手が
発表されました!




強化部長も一新。

監督も続投と言うことで
スカウティングには
監督の意見も
少なからず
入っているようです。




大きな、特長として、
レンタル選手を減らしたようです。




このあたりは
昨年とガラリと変わりました。

昨年は、
中島、荻原、チョンテセと、
途中加入のレンタル組が
躍動。




大きな戦力と
なってくれました。




J1で出場機会に
恵まれない質の高い選手が
来てくれる一方、
やっぱりレンタル選手は
所属は別のチームという
意識は、心の奥では
あるのかもしれません。




昨年、
昇格の望みが消滅後
チームがガタガタになって
しまったのは、
そのあたりの影響も
あったのでしょうか。




確かに、リーグ終盤
消化試合になってしまった場合
目先の1勝より来季もいる
メンバーでチームの
上積みを測った方が
有益なような気もします。




新強化部長の寺川さんは、
スカウトも
していたわけだから、
自前の選手で勝ちたいという
気持ちは凄くわかります。




ただ、レンタルで来てくれる選手も
新潟の為に戦ってくれる
選手がほとんど
だと思うので
個人的には、レンタル加入
あってもいいとは
思います。




実際、島田、荻原あたりは、
新潟の選手以上に
勝利にこだわって
くれました。




ただ、昇格となると
話は、別かも。




昇格した場合
新潟所属の選手は、
基本、J1で戦うことになるわけですが
レンタル組は、
正直どうなるかは、
わかりません。




たぶん、前回の
最初の昇格の時は、
レンタル選手は、
ひとりもいなかった
はずです。




いろいろな考え方が
あると思いますが、
とりあえずは、
この体制で
スタートする訳ですから
強化部を信じて
期待しましょう。

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense