天皇杯 V・ファーレン長崎戦 

スポンサーリンク

なんだか
弱いアルビを見せられましたバッド(下向き矢印)

田中亜土夢の久しぶり、
フリーキックからの得点で勝負あったか!

と楽観視してしまっていたら
見事逆転負けをくらってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)


難しい試合でした・・・


アルビはまだまだ1対0で勝とう
という
意識はないみたいです。
(↑良いか悪いかは解らないですが)

1点リード後も長崎は
無理にボールを奪いに来ず
後ろで回していれば、勝利を近づけることは
出来たんでしょうけど、
なにか無理に前線のスペースのないところに
パスをだしては逆襲を食らうというパターン。

多分長崎は、先制されても前半は無理をするな
の指示が出ていたのでしょう。


まぁ、かなり難しい判断だと思うので
ベンチで決めておいた方がいいかも。

この長崎戦に関しては
同点にされてもいいから
ガンガン2点目を奪いに行った方が
良かったかもしれません。

長崎は運動量があり、
守備に戻るのも早いし
前線でのプレスも厳しかった。

守るときは全員で守るし、
攻めるとき全員で攻めるという印象です。

ただ、この作戦が通用するのも
前半ある程度セーブしておく
からかもしれません。

もっと前半攻めておけば
たぶん120分
持たなかったのかなとも思いました。


あと、先制したあとは
相手はもう失うものがないので
攻撃に思い切りの良さが感じられました。
ワン・ツーやクロスは
ホントにミスを恐れずやりきってくるので
怖かった。

実際、成功率は高くないのですが・・



アルビはどうしても肝心なところは
大事にしすぎている気がしました。



これで天皇杯も終わり。


リーグ戦に集中しましょう。ふらふら


アルビ情報こちらにもあります。にほんブログ村 アルビレックス新潟





blogramのブログランキング

















ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense