天皇杯 横浜FM戦 片淵サッカーの可能性は。2016年シーズン

スポンサーリンク

悔しい敗戦でした。~

試合終了間際での勝ち越フリーキックでの敗戦。

勝てるチャンスは何度もあったので、本当に悔しいです。


吉田監督から片淵監督へ変わり
その変化が良くわかる試合となりました。

今日は前線からのプレスが復活。
ショートカウンターで何度もゴールに迫り、
柳下アルビを彷彿させてもらいました。

柳下監督時代と違い
プレスのタイミングもうまく連動していると感じました。
おそらくなんらかの約束事があるのでしょう。

しかも、ショートカウンター一辺倒ではなく
吉田アルビ時代で築いた繋ぐ攻撃も健在。
うまく使い分けられていると思いました。

前半は横浜を圧倒したといっていいでしょう。

ただ、ただ、残念なのは最後のフィニッシュの精度のなさが
露呈されてしまう結果となりました。

シュート数では上回ったものの
枠内シュートは横浜の4に対してアルビはわずか1。

これでは、なかなかゴールは取れませんね。

そう考えると、吉田アルビ時代も決定機を決めていれば
ここまで順位は下にならなかったのは間違いないですね。

来期も片淵監督が指揮をとるにしても
個で打開できる決定力のあるFWは必須ですね。

ラファエルが残ってくれれば、来期も十分J1で戦えるとは
思うのですが・・・



残念ながら今年も全日程が終了。
さびしい時期になりますが、
来期は心機一転、上位を狙っていきましょう。



アルビ情報こちらにもありますにほんブログ村 アルビ情報こちらにもありますrakkoani.gif















ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。