監督を信じるしかない!G大阪戦悔しい引き分け2010年シーズン

スポンサーリンク

スタメン発表をみて驚きました~。

ツートップには山崎と平松。

「点、取れるのかなぁ」
と少々不安になりましたが、
案の定、得点を取ることは出来ませんでした。⤵


このメンバーは対G大阪戦用だったようです。


吉田監督は相手によってメンバーを結構変えてくる
監督なんですね。

柳下監督はわりと固定していく監督だっただけに
新鮮です。

トルシエ時代の日本代表を思い出しました。
トルシエ監督もぎりぎりまでメンバーを発表しなかったそうです。
それはそれですごく面白かった。


今日は、この布陣は成功したといっていいでしょう。
宇佐美をはじめ、G大阪の強力攻撃陣をほぼ
完璧に押さえ込みました。

守備の面では多分に平松、山崎の存在も
大きかったのでしょう。

ただ、平松が2度のチャンスを決めてくれていたら
完璧に勝ち点3の試合でした・・・


G大阪は調子を落としているというだけあって
ミスも多かったし、アデミウソンも今日は怖さを感じなかった。

それだけに勝ちたい試合でした。

点が取れなかったといっても
チャンスは何度か作れていたし
シュート数ではG大阪を上回れました。
(雑なシュートも多かったですが・・・)


結果がでていないのであせりもありますが、
試合内容は決して悲観するものではありませんでした。

今日、右サイドバックに入ったマイケルも
計算できると思うので
これである程度、戦えると思います。

酒井はやっぱりFWで使った方が
持ち味がでそうです。

今日も最後の方で出場しましたが、
端山、酒井は点が取れそうな感じがすごくしました。

監督がなかなか使ってくれない端山ですが、
好調を維持しているようですし、
これから巻き返しの予感もしてきました。

次節、浦和に勝利で上昇の足がかりにしましょう。⤴






アルビ情報こちらにもありますarrow2s.gifにほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります











ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense