前半最終戦、磐田にも惨敗!勝つための分析。2017年シーズン

スポンサーリンク

惨敗とは言いすぎでしょうか!?

気持ち的にはそんな感じです・・・


長年アルビを応援してきましたが、
ここまで成績が悪いのは初めてです。


素人ながらどうすれば、良いのか考えてみました。

まずは、キーパーを何とかしたいです。

反応、判断が良く、コーチングが出来て、フィードがうまい
キーパーが必要ですね。

まぁ、欲を言えばきりがないので
フィードはへたでもいいです。

正直、守田はきびしいですね。

この試合のボールのはじき方でも、適当にボールをはじいている。
うまいキーパーだとラインの外にうまくはじいています。

守田の技術だとこぼれ球からの失点も増えそうです。

判断に関しては、このブログでも何度も書いているので
詳しくは書きませんが、判断悪いです⤵

コーチングに関しては、なんとも言えませんが、
キーパーがDFを鼓舞するようなことも必要ではないでしょうか。
大井みたいなディフェンスリーダーがいればいいのかも
しれませんが。


他のJのチームはキーパーの重要性に気付いていて
外国人枠(アジア枠含)にキーパーを起用しているチームも多い。

アルビはどうなんでしょうか??


長年J1に居続けたアルビですが、
運良く北野、東口と良いキーパーに恵まれていたのも
キーパー軽視につながったのかもしれません。


とは言え、これからキーパーを補強するというのも
現実的ではないので、守田の奮起に期待するしかないですね。



あとはもう決定力でしょう。

強いチームを見ていると、やっぱり決定機を外さない。

FWだけじゃないんですよね。

ボランチあたりから上がってきてフリーでゴールを決める。

難しいシュートじゃないんです。
まさにジーコの言う、ゴールへパスする感じなんですよね。

この辺りは小泉、加藤にはうまくなってほしいです。

G大阪の井手口あたりを見習ってほしいのですが。

これは技術もあるんですが、意識の問題もあるので
ぜひゴールへパスする感覚を磨いてほしいものです。

小泉は攻撃参加のタイミングはうまいし、
足元の技術も年々上がってきていると思うので
点が取れるようになればすごい選手となれると思います。


なんだかネガティブになってきてしまいましたので、
ポシティブな面に焦点を当てていきたいと思います。



まずは、FWの補強が決まったこと。

得点が取れないアルビですが、
決定機は他のチームに劣らず作れています。

決定力のあるFWがいればガラリと変わる可能性は
あります。

タンキは未知数ですが、呂比須監督もプレーを知っている
選手らしいので大外れはないでしょう。

短い期間ながら(J2群馬時代)
日本に居たというのもプラスに働くでしょう。

もう一人の補強大武にも期待したいところです。

入団会見も見ましたが、普通の選手だと
がんばります的な発言が多いんですが、
彼は、どうすれば守備が改善できるか的な事を語っていたので
チームの為を思った考え方ができる選手だと思いました。

去年は闘莉王なんかといっしょにプレーもしていると
思うので精神的な部分でもなにかを還元してくれることでしょう。

名古屋ではあまり出番がなかったらしいので
初の移籍で本人も期するものは大きいと思うので
期待しましょう。


あとは、これから逆転攻勢をかけるには若手の覚醒が
欠かせません。

呂比須監督になってからスタメンを外されていた加藤ですが、
パスの部分では違いを見せてますね。
まずは加藤が第一候補ですね。

あとは小泉、球さばきはかなりうまくなりました。

これから成長していけるかどうかは本人次第でしょう。

もう一人、期待するのは端山です。

端山はこれかも使っていくしかないですね。
どこが悪いのかよく分かりませんが、
金沢はじめ、新潟でベンチ外なら来てほしい
チームはたくさんあると思います。

それだけポテンシャルは高いと思うし、
なにかやってくれそうなオーラはあります。

ここまで結果が出ていなければ、
思い切って端山をスタメンで使ってみるというのも
いいかもしれません。


とにかく、新加入と若手の覚醒に期待しましょう!!




アルビ情報こちらにもあります(ブログ村)にほんブログ村 アルビ情報こちらにもありますrakkoani.gif








ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。