水戸に歯が立たたず!それでもの望みがある理由とは。2021年シーズン

スポンサーリンク


「水戸に歯が立たたず」と
書いてしまいましたが、
チームの立ち位置
置かれた立場等を
度外視して試合を評すれば
アルビが押していた
試合と言うことが言えるのでしょう。

ただ、もう
水戸の牙城(守備)を
崩せませんでした。

それでも
水戸の順位を見れば
得点を取れてもおかしくない相手。

正直、相手のがんばりの
前に屈してしまいました。

大勢の観衆を前にして
水戸の選手のテンションも
上がってしまったのでしょうか。

あの守備をしていたら
そうそう、
水戸は失点をするチームでは
ないのですが・・・

コンタクトプレーに
あまりイエローカードをださない
審判だったのも響きました。

問題は、水戸が
磐田戦、京都戦でも
同じ戦い方をしてくれるか
ですね・・・ ^^


鈴木を外し臨んだ一戦で
攻撃に関しては手詰まり感も
ありますが、
次節、磐田戦はこういう
結果にはならないでしょう。

相手ホームということもあり
磐田は極端に守備を固めてくる
ことはないはずなので
得点も取れる可能性は
この水戸戦よりは高いでしょう。

ただ、磐田は
本当に実力のあるチーム。

逆に次節だけは
引き分けでも良いという
戦い方でも良いくらいですが・・・

ただ、今日の引き分けで
絶対勝ちたい気持ちも
出てきてると思うので
そこで足をすくわれなければ
良いのですが。


アルベルトは
必ず勝ち点を取ってくるという
戦い方はしないと思うので
次節はいろいろな意味で
注目ですね。


ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。