気になる柳下監督のコメント。アウェイ広島戦 2014年シーズン

スポンサーリンク

広島は強かった!

ミキッチ、柏の両サイドはスピードあるなぁ。


要所、要所ではワンタッチパスでかわしてくるし
最近のアルビではみられない攻撃ですね。

アルビもいいときはワンタッチで
ゴールに迫るシーンもあったんですが・・・


好材料としては、

 ○指宿が存在感をどんどん増してきていること。
 ○ラファエルシルバが出場できたこと。
 ○川口が多少復調してきたこと。(攻撃面で、ですが)
 ○3バックで大野が生きたこと。

こんな感じでしょうか?






最近どーも気になるのは柳下監督のコメント!


【広島戦後の柳下正明監督記者会見コメント】

「結果はしょうがないかなと。
 なぜかと言うと、
 あまりミスをしてはいけない選手がかなりミスをしていたので、
 チャンスもなかなか。
 思ったようなプレーができなかった。」

 てなコメントを出していたようです。

 たしかにおっしゃる通り。だとは思います。
 

 よく選手のミスが多いから負けた
 みたいな事を言いますが

 思い起こしてみれば、反町監督時代も
 決して他のチームより戦力的に優位だったかといえば
 そうでもなく
 むしろ戦力的には格上と思われたチームに
 勝っていく面白さがありました。

 オフレコでは反町監督も「選手がへた」みたいなことは
 言ったことがあるかもしれませんが
 試合後の記者会見ではそういった
 言い訳がましいことは一切言わず
 つねに強気のコメントだったのが
 思い出されます。
 

 好き好んでミスを犯す選手は少ないハズ。

 ミスを責めれば、その分思い切ったプレーは少なくなってくる。

 その辺りのメンタルコントロールも考えてほしいものです。



 ワンタッチプレーやヒールパス
 トリッキーなプレーは
 ミスを恐れていてはなかなかできるものではありません。

 浦和戦は
 開き直って
 思い切った試合を見せてもらいたいものです。



アルビ情報こちらにもあります。にほんブログ村 アルビレックス新潟

blogramのブログランキング




ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense