片渕新監督にアルビを託せる3つの理由。

スポンサーリンク

僕は正直、
鈴木監督擁護派でしたし、
フロントの考えなし解任や、

その、
先を見通せない無計画による、
後任監督探しの不調には
呆れて物が言えませんが、

もう、元には戻れない訳ですから、
前を向いて行きましょう。

片渕監督に期待する事を
まとめてみました。



1⃣アルビ愛がある!

片渕氏は、
アルビの選手として在籍したこともあるし、
コーチとしても長い。


鈴木監督もアルビを強くするために
全力を注いでくれたと思いますが、
これから、新監督を探した場合、
どれだけ、アルビのこと、
新潟のことを親身に考えてくれるかは
未知数です。

そういう意味では、片渕さんは
最適だと思います。

トップが変わればチームは変わります。

監督が「新潟の為に」という
意志を示せば、
チームもそういう集団に変わってくる
可能性は大いにあります。


2⃣鈴木政一監督のサッカーを継承してくれる。

鈴木政一監督のやろうとしていたことが、
間違っていたのかどうかは、
わかりませんが、
片渕氏は間違っていなかったという
認識をもっているようです。

正直、この次期に1からチームを作り直す
というのはリスクが大きすぎる。

そういう意味では、
鈴木政一監督の財産を引き継げると
いうのは大きいと思います。

いろいろなインタビューなんかを聞いていると
鈴木監督のやろうとしているサッカーは
理論としてはそれほど難しくない。
むしろ基本とも言える内容。

片渕氏も鈴木サッカーは習得
しているのではないでしょうか。

鈴木サッカーは、
基本的なこととはいえ
自転車やピアノみたいに
やっぱり繰り返しの練習が必要。

いままで、キャンプから積み上げてきたものが
ゼロにならないというのは
大きいでしょう。


3⃣コーチ陣に一体感が生まれる。

これは、全くの推測ですが、
片渕さんは、しっかりした
自分の理想のサッカーを
もっていないように
見える。

これは、悪いことばかりではなく、
そういう人は、周りの意見を
取り入れる傾向が強い。

栗原コーチや能仲コーチの意見に
どんどん耳を傾けてくれるのでは
ないでしょうか。

事実、片渕采配2戦目の大宮戦の
準備は完璧だったと
選手も含め、たくさんの証言が
あるので、
相手を分析した準備は
鈴木政権よりよくなった
感じはしました。

栗原、能仲両氏も
鈴木監督より、片渕監督の方が
意見を言いやすいと思うので、
風通しは良くなりそうです。



「三人寄れば文殊の知恵」という
ことわざもあるように
お互い気づかない点に
気づけて改善できれば、

うまくハマった場合ですが、
問題解決能力は最大となります。



個人的には、
大宮戦は悪くない内容だったと
思っているので
これからどんどん
上がっていけるでしょう。





アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)arrow.gifにほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります











ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。