首位山形相手になんとか引き分け。これでいいのかアルビ・・・2019年シーズン

スポンサーリンク

なかなか勝てないアルビですが、
ここまで、5割の片渕アルビ。


どう評価して良いのか・・・


この山形戦だけでは
なんとも言えないので
次節まとめて評価したいです ^^;



なぜかと言うと、

”やっぱり山形は
強かった。”


首位に居るというのは、
伊達ではありませんでした。

前線からガンガン
プレスに来るのですが、
みごとに
連動していました。

練習だけでなく、
ある程度なにか
約束ごとがあるのでしょう。


あれだけ前線から
連動したプレスを
かけられると
なかなかつなぐサッカーは
難しい。


今日のアルビは、
前節同様、前線にただ、ただ、
蹴り込むサッカーを展開。

正直、面白くない!!

とは感じましたが、
山形の前線から連動してくる
激しいサッカー
の完成度と
今のアルビとの力関係を考えて

この山形戦だけは
きれいなサッカーを捨てて
勝負に徹するために
自陣では
無理に繋がないというを
選択したのであれば、

片渕アルビ

みごと。

というしかないですね。


ただ、今日は中盤でうまく
ボールを奪取しても
そこからつなぐ意識が
ないため
ぼろぼろの試合でした。



それでも悪いところばかりではなく、
同点に追いついた1点目の
川口の見事な左足での
ゴールは
硬い山形ディフェンスを
きれいに崩しての
ゴールだったし、
最後のアディショナルタイムでの
同点劇というのも
それまでの試合展開はどうであれ
最後の最後で追いつけるというのは
高く評価できるのでは
ないでしょうか。


考えてみれば、吉田達磨監督時代も
自陣から組み立てるサッカーを
志向するものの
相手にそこを突かれての敗戦
というのも多かっただけに
こういう柔軟な対応というのは
勝つためには必要なのかもしれません。

ただ、本当に柔軟な対応だったのか
これからも縦ポンサッカーを
続けるのかは
これからの試合を見てみないと
わかりません。


次節ヴェルディはそこまで
前線からはこないと思うので、
その辺りにも注目していきたいですね。



あとは、しばらく試合から
遠ざかっていた
レオナルドが出れたというのは
大きいです。


今回は、シルビーニョと共に
ほとんど試合に絡めなかった
レオナルドですが、
やっぱり、ああいう選手はゴール前で
シュートを打ってくれるんで
点が入りますね。



平松だと
なかなかシュートを打たないので
やっぱり可能性(点が入る)は
低くなってしまいます。

今日もレオナルドの
強引なシュートがなかったら
同点には
なっていなかったと
思います。



優勝するには
レオナルドの爆発は
不可欠だと思うので、
これかも
見守っていきましょう。


なにはともあれ、
アディショナルタイムで
勝ち点1が奪えたことを
素直によろこびましょう。





アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)arrow.gifにほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります


  cyuumoku.gif
💡Albiブログランキング














ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。