悔しい引き分けヴァンフォーレ甲府戦。2021年シーズン

スポンサーリンク


堀米のパスミスから
先制されるも
堅守を誇る甲府から
よく2点をもぎ取りました!

ただ、終了間際までリードしていただけに
ほんとに悔しい
引き分けとなりました。

リードして
試合を締める段階でも
うまい試合運びをしていたと
思ったのですが、
残念です。

アルベルト監督も言っていましたが、
ゴール前にボールを運ばれ
ゴチャゴチャした
スクランブル状態になると
なにが起きるかわかりません。

最後は甲府がパワープレーぎみに来て
それに屈してしまったと
いうところでしょうか。

最後の失点は致し方ないでしょう。

ただ、最初の堀米のパスミスは
いただけません!

いったいどうして
しまったのでしょう!?

もーしかすると
あの堀米のパスは
甲府の分析データに入っていたのかも
しれません。

か、泉澤選手独自のデータかも
しれませんが。

サイドバックが
キーパーに戻すシーンというのは
アルビに多いパターン。

ビデオで見るとよくわかりますが、
泉澤は、完全に狙っていましたね。

もう2度とはないと
思いますが・・・

町田、京都、琉球、甲府と
上位陣との連戦でしたが、
結果は1勝2敗1引き分け。

少し物足りない結果でしたが、
上位陣と十分互角に
戦えることは
しめせたのではないでしょうか。

昇格争いも混沌としてきましたが、
磐田戦も残っていますので
レベルアップして
上位対決で直接叩きましょう!






ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense