天皇杯2回線、金沢戦。意外な采配とリーグ戦にからんでくる選手は。2021年シーズン

スポンサーリンク


去年、勝てなかった金沢に
4対1で快勝!

アルビは強くなりました!

監督の公言通り、
控え組中心の布陣。

だいたい、こんな感じでした。

三戸 小見 矢村 大本
  ゴンサ 秋山
田上 岡本 早川 遠藤
   小島

ツートップなのかどうなのか
よくわかりませんが、
小見、矢村が横並びに
なることはあまり
ありませんでした。

どちらかというと
矢村のワントップか?

三戸もスタートは左に
いましたが、
流動的に動いていました。

矢村、小見、三戸は
けっこうポジションを
変えていました。

大本はほぼ固定。

1つ前の攻撃的な位置で
かなり効いていました。

相手DFは大本のスピードに
完全に置いていかれて
いました。

ただ、突破後が
雑になってしまっていて
ぼほクロス一辺倒だったので
恐らくアルベルト監督の好きな
攻撃ではないと思うので、
もう少し工夫が必要なのでしょう。

リーグ戦にからんでいけるかは
微妙なところです。


個人的な意見ですが、
今日の試合をみたかぎりで、
リーグ戦にからんできそうなのは
早川、三戸、矢村、小島
というところでしょうか。

岡本、遠藤も良かったとは
思いましたが、
スタメンを脅かすところまでは
行けてないように
感じました。

それでも、遠藤の
右サイドバックには
魅力を感じました。

藤原が良すぎるので
すぐにスタメンは難しいかも
しれませんが、
空中戦等では遠藤の方が上だと
思いました。
守備の安定感はありました。
ただ、藤原のような攻撃参加はあまり
なかったのでまだまだ学ぶところは
多そうです。

あとはやっぱり小島が良かった。

バックラインでボールを回すとき
味方のDFの位置が良く見えているし
DFにボールを預けた後
もう一度ボールを受けるために
うまくポジショニングしているから
バックラインでボールが良く回っていました。

阿部選手は、千葉選手なんかが
ボールを受けようと
うまいポジショニングをしても
気が付かず、ロングボールを蹴って
相手にボールを渡してしまう場面が
多かったですが、
小島選手は巧みでした。

意外に思ったのは
この遠藤の右サイドバックでの
起用と途中出場の星の
左サイドバックの起用です。

アルベルトのサッカーは
サイドバックがガンガン
縦に突破するサッカーでは
ないので星選手のサイドバックは
面白いオプションだと思いました。

なにはともあれ、初戦突破
J1と戦えるのはこの大会のみ。

来年1月まで
夢を見させてもらいたいですね。^^

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense