ベガルタ仙台戦 松橋アルビ初陣飾れず!アルベルトとの大きな違いとは。2022年シーズン #albirex

スポンサーリンク


アルビレックス新潟 0-0 ベガルタ仙台

いよいよ2022年シーズンが開幕しました!

コロナ禍の中、
無事にリーグが終了することを願っています。
もちろん優勝で ^^

大注目のスタメンでしたが、
新戦力の
イッペイシノズカ
伊藤涼太郎
がみごとスタメンを勝ち取りました。

やっぱり二人とも
力のある選手なんですね。

2人ともうまかったし
相手に十分に脅威を与えていました。

残念ながらベンチ外となってしまった
秋山、シマブクらは
もう一皮むけないと
なかなか牙城は崩せないかも
しれません。

切磋琢磨して
お互いに成長してくれれば
うれしいです。

特に秋山は少しプレースタイルが
違うし
イッペイシノズカ
伊藤涼太郎 らとは
違う強みを持っているので
今後に期待しましょう。

さて、試合はと言うと
去年からのサッカーを継続で
ボールを保持して押し込むサッカーは
できていたのではないでしょうか。

十分勝てるチャンスはあったので
痛い引き分けとなりました。

枠内シュートも11本。

仙台を押し込んでいたと言って
いいでしょう。

ただ、三戸あたりのシュートが
雑になってしまっていたのが
残念。

シュートの精度はあげていく
必要はあるかもしれませんね。

仙台も本調子という訳でも
なさそうだったので
残念な結果となりました。

アルベルト監督との
大きな違いを感じたのは
最後の監督インタビュー。

アルベルトだったら
これだけ良い試合をしていたら
選手をたたえていたでしょう。
(ほめて伸ばすで、別に
 悪い事ではありませんが。)

対して松橋監督は
内容が良くても
勝てなければダメだと
きびしい言葉を残しました。

結果にこだわる監督なんだなぁ
というのを改めて実感しました。


とは言え、内容は悪くなかっただけに
次節、大宮戦で初勝利と
いきましょう。

途中、怪我で退いた
鈴木孝司
イッペイシノズカ
が軽傷であることを
祈ります。



ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。