最大の山場!大宮戦。引き分けに終わる2012年シーズン

スポンサーリンク

実にもったいない試合でした~バッド(下向き矢印)

亜土夢のゴールで先制するも
追いつかれての引き分け。

先制ゴール後はアルビが終始押し込んでいただけに
追加点が奪えないのが全てですね。

まぁ、決定力のなさなどトータルでみて
これがアルビの現状でしょうか。


柳下監督は攻め急ぎすぎみたいな発言をしていましたが、
僕は、先制ゴール後の追加点を奪いに行った
攻撃は間違いではなかったと思いました。

結果、同点ゴールを許してしまいましたが、
あれはしょうがないです。
守備も足りていたし
普通なら絶対ゴールされないシーンでしょう。

たま~にですが
DFが居てもすごくいいところにボールが
はこばれてゴールが決まることは
あるものです。
正直、あのシーンは大宮に運があったと思いました。

常々監督はリードしたあと受身に入るな
みたいな事を言っているんだから
この試合の失点を攻撃にいきすぎていると
言われたら選手はどうしたらいいか
混乱してしまいます。

それでなくても、ピッチで意思統一をするのは
簡単ではないのだから
今日の失点はやむなし。
というべきでは。

そもそも、守備も完璧なうえに得点力もあったら
すでに優勝争いしている訳だから
追加点を狙いに行ったらある程度のリスクは
しょわないといけないものです。
あとは、チームとしてどうするかです。


痛い引き分けでしたが、
まだまだ降格した訳ではないので
次節はスッキリ勝利といきたいところですね。


アルビ情報こちらにもあります。にほんブログ村 アルビレックス新潟




ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense