アウェイ柏戦!勝ち点1では満足できない試合。またも感じた〇〇の差!2017年シーズン

スポンサーリンク

優勝も伺う、好調柏に対してアルビは良く戦いました。~!


タンキの強さ、ホニの速さ、
それに加えてチアゴの調子の良さが光りました。

チアゴが日本のサッカーに慣れてきたと信じたいです。


守備も相手のクリスティアーノ、伊藤純也を
ソン・ジュフンを中心に良く抑えたと思います。
特にソンが体の強さでクリスティアーノに
負けていなかったのが頼もしかった。


ただ、ただ、結果は残念でした。

ホニ、チアゴの活躍で先制点を奪うと
タンキがうまく相手のファールを誘発。
相手退場で
11対10の状況を作り出すことができました。

1対0でリード、しかも相手は10人

この状況まで持ち込んだらもう勝たなくてはいけません!!



加藤大、チアゴを中心にサイドチェインジで
うまく揺さぶってはいたのですが、
もう少しです。

矢野と交代して
右サイドバックに入った原が上がらないから
揺さぶれないんですね。

原にはもっとガンガン攻めてほしかった。

ただ、そこは監督が交代前に指示しなければいけない場面なので
監督はどういう指示を出していたのでしょうか?

特別に指示を出していないような気がしてなりません。
(↑違っていてほしいです。)
堀米の攻撃力を生かすため
原の上がりを控えさせた可能性もありますが。

ただ、疲れが完全に見えていたハモンロペス側を
揺さぶった方が効果があったようにも感じたのですが。


作戦としても
特に後半は相手が疲れて、
カウンターも仕掛けられない状況でも
こちもカウンター狙い?

リードしていれば、それでもいいとは思うのですが・・・



あと、またも感じてしまったのは、
GKの差。

相手、中村航輔はさすが、代表に選ばれるだけあって
いいキーパーでした。

反応ももちろんなんですが、
飛び出るタイミングなんかが、うまくて
チャンスの芽をつぶされてしまいました。

大谷のキャッチミスからの失点は
相手のファールなのでしかたがないかもしれませんが、
ジャンプのタイミング等は
ひやひやする場面が何度かありました。

もっと言えば、相手に微妙な退場者が出た場合は
今度はこちらに辛めの判定が出ることは
予想できるわけだから
混戦を避けるために安全作でパンチングに
逃れるなんて手もあったのですが・・・

まぁそこまで考えるのは難しいとは思いますが。


展開的には勝ち点1では、満足できませんが、
試合内容が悪かったのかというと
全くそんなことはなくて、
これからは上位相手でも互角に戦えることを
示せたとは思うので、明るい兆しですね。

ただ、タンキの活躍は不可欠なので
体力がないのが少し気になりますが・・・


まだまだ、あきらめずに
応援しましょう。




アルビ情報こちらにもあります(ブログ村)にほんブログ村 アルビ情報こちらにもありますrakkoani.gif











□ 残留カウンター □
現勝ち点10点(目標38点)
リーグ戦消化率 71% 
目標達成率   26%
(目標達成率が71%を上回っていないといけません。)







ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。