最悪の試合、熊本戦。敗因はどこに!?3対1で敗れる。2018年シーズン

スポンサーリンク

システム変更で望んだ試合。

監督のコメントなんかを聞いていると
後ろ3枚の方がやりたいサッカーのようで
期待は大きかったんですが、
PKで1点を返すのがやっとの、
惨敗となってしまいました。


ただ、敗因はシステムのせいではなく

とにかく、プレスがゆるゆるでした。

ホントに「何があった!!」というレベル。

移動の疲れがでたのでしょうか?

特に加藤あたりはひどかった。

河田、矢野も動きに精彩が見られず、
全体的に動きが重く感じました。

これだと、どんなシステムでも
苦しいでしょう。


急に暖かくなったのも
影響しているのでしょうか?


今日の不調が
移動が原因なのであれば、
なにか対策を打たないと
いけませんね。



まぁ、もう終わったことなので
切り替えてプラス面を見て行きましょう。♪


この新しいシステムが成功したとは言い難いですが、
監督の中では、ステップアップの采配のようです。

3バックに変更したのは、
「マーキングや、くさびのチェックがだいぶ
できるようになってきたから」(鈴木監督談)
というのもあるそうです。

つまり、
6節までである程度
チームが成熟してきたと
言うことではないでしょうか!


今日の試合は、次のステップの1歩。

バッチリ、はまれば良かったのですが、
なんでもかんでもうまくいくとは
かぎりません。!!

こういうこともあるでしょう。

ここで大事なのは、ぶれずに
続けることですね。

うまくいかないと、
自信を失うこともあって
ついついぶれてしまうことも
あると思いますが、
自分を信じてぶれずにチームを
作ってもらいたいものです。

正直、僕も今日は不甲斐ない試合だなぁ
と思いましたが、
まだまだ、「監督の能力が」
どうのこうのという段階では
ありません。

サポも信じて応援しましょう。


あとは、毎試合ゲームにからんでくる
ターレスですが、
技術は高いし、視野が広い選手だなぁと
思いました。

まだまだ体の重いターレスですが、
大化けする予感は感じられました。

こちらも期待大です。

次はルヴァンが入りますが、
ルヴァンは別の視点で楽しみましょう。

PS 熊本の田中達也はうわさ通りの良い選手だったし
  皆川選手をはじめ、J2にもJ1ですぐ通用する
  選手がたくさんいるものですね。


アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)arrow.gifにほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります












ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。