アウェイ盛岡戦。この勝利でわかる松橋監督のマネジメント能力のすごさとは。2022年シーズン #albirex #盛岡新潟

スポンサーリンク


アルビレックス新潟 2-0 いわてグルージャ盛岡

先に相手にPKを与える
苦しい展開。

小島のみごとな
シュートストップで
苦しみながらも勝ち点3を
もぎ取りました~。

相手キッカーも
うまいとはいいがたかったですが・・・

ここまでアルビは2連勝。

前節終了時点で、
3位、仙台が敗れたことで
周囲からは
昇格2チームは
横浜、新潟で
決まりじゃないか。

という声も聞こえてきました。

ある程度余裕ができ
今節の相手は下位に沈む
盛岡。

こういう試合では
しらずしらずのうちに
スキがうまれて
負けてしまうというのは
よくある事。

以前のアルビでも
よくありました。↴

おそらく松橋監督は
そこらへんのケアも
抜かりはないのでしょう。

昨年、ビックスワンに来た
高木豊氏も、
あまり先の事は考えず、
眼の前の一戦に集中することが
大切だと話していましたが、
松橋監督も毎回同じようなことを
言っています。


キャプテン堀米も
気合の入ったプレーを
連発。

この試合は絶対
”気を抜くな”という
姿勢がみえました。

これをみて
個人的にも安心しました。

実際には
まだまだ安心できる
勝ち点差でもありません。

1戦1戦
大切に戦って行きましょう!

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。