アルビレックス3連勝!!片渕アルビは鈴木アルビと どう変わったのか!?

スポンサーリンク

ここに来て片渕アルビ3連勝!

鈴木アルビ時代は3連勝というのは
なかったわけですから
これは素晴らしい結果でしょう!

選手は大きく代わっては
いない訳ですから
アルビはいったいどう
変わったのでしょう。

まず、素人目にもすぐわかったのが
川口を右サイドバックに起用し
安田がサブにまわったことですね。

安田は
鈴木アルビ時代は不動の
レギュラーとして活躍。

さすが、元日本代表のプレーを
見せていただけに
これには少し驚きました。

片渕監督は、ボールを奪われたら
すぐに取り返しにいこう。
という事を言っているらしく
ボールを取られたらすぐに
取り返しに行く
プレーはかなり増えました。

正直、こういうプレーは安田には
少なかったように感じます。
ベテランにありがちな
取られてしまったら
すぐにあきらめて
ゆっくり守備に戻る。

安田は結構多かった気もします。

川口もそんな感じだった気もしましたが、
川口はレギュラー奪取の為に
そこはがんばっているのでしょう。

もうひとつ言えるのは、
右サイドからの攻撃が多いということ。

これは、監督の指示なのか
たまたまなのかはわかりませんが、
もしかすると、
片渕監督は川口の能力を
高く買っているのかも
しれません。

片渕さんは
川口が若いときから、
練習をみている訳ですから
”川口はこんなもんじゃない”
という思いがあるのでしょうか。

実際、川口は長岡では
「怪物」といわれるくらいスゴイ選手でしたし
(小学生の頃ですが)
年代別代表では完全なレギュラーでした。

ちなみに亜土夢や早川は代表に
何度も呼ばれていましたが、
不動のスタメンではありませんでした。
亜土夢は最後の方は中心選手として
活躍していましたが。

もうひとつは、
前線に動ける選手を起用して
きているということです。

鈴木監督時代は、ターレスや
矢野を前線で使ったりしていましたが、
片渕監督は田中達也をファーストチョイス
しているようです。

河田、渡邉新、戸嶋と合わせると
前線は運動量があって
献身的なプレーが持ち味な選手が
揃いました。

あとは、ここ3試合はセンターバックに
ソン・ジュフンの代わりに大武を
起用してきています。

正直、大武も危なっかしい場面は
作られているのですが、
コミュニケーションがとれる
大武を起用しているのでしょうか。

僕はソン・ジュフンの能力を高く
買っているので
ここはやっぱりすこし意外なんですが、
結果というところでは、
3連勝中は1失点しかしていないわけですから
この大武の起用は当たっているとしか
言えませんね。

とにかく、すごくアグレッシブになって
勝ちたい気持ちがすごく伝わってくる
チームになりました。

これは、戦術云々の前に
片渕監督の選手のメンタルのコントロール
が秀逸なのでしょう。
(これも監督の資質としては
とても大事なことです。)

3連勝と素晴らしい結果を
残してる片渕監督ですが、
監督としての評価は
まだまだこれからでしょう!^^

このまま連勝を続けていって
もらいたいものです。

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)arrow.gifにほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります

cyuumoku.gif
💡Albiブログランキング



ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。