横浜・F・マリノスに1対0で敗れる!

スポンサーリンク

試合内容ではアルビが上回っていました!

鈴木アルビ2年目も最終盤、
本当にアルビは強くなりました。
チームとして機能しているのがよく解ります。
多彩な攻撃で相手を翻弄。
マルシオ、シルビ、本間を中心に中盤も支配。
守備も鍛えられた連携でほとんど危ない場面はありませんでした。
マリノス相手にこれだけの試合ができるんですから
すごいです。
ただ、試合には負けてるんですよね・・・

今日の1点は相手シュートが味方にあたり
コースが変わるアンラッキーな1点、
これはしょうがないとしても、
最後の決定力が足りないですねぇ。
すぐに決定力は身に付かないかも知れませんが
もっとゴールをねらってほしいです。

くしくも今日の相手の1点は
シュートのコースが変わって運良くゴールした1点、
単に運が良かったという見かたも出来ますが、
逆に言えばシュートを打ったから点が取れたともいえるわけです。
確実に入るシュートだけを狙って
シュートを打たなければ今日の1点はありません。
もっともっとシュートを打って
「数打ちゃ当たる」じゃないですけど、
もつすこし強引なシュートがあったもいいですね。
シュート数ではマリノスを上回っていましたが、
もうすこしシュートチャンスはありました。

エジミウソンは高さ、強さもあるし
相手にとって脅威だとは思いますが、
以前新潟にいたマルクスのような決定力がある
選手がいれば、新潟はもっと点が取れるチームに
なっていますね。

ちなみに、マルクスはJ2で2度得点王に
なっているはずですが、
「なんでここで打たないんだー!」
という場面は記憶にないですね。
得点王になるような選手はそれほど
アグレッシブなんです。
もちろんパスを選択した方が良かった
場合もあったかもしれませんが・・。


次節はいよいよ最終戦、
勝って6位以上でフィニッシュしてほしいです。



スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。