「天地人ダービー」勝利で久しぶりの勝ち点3

スポンサーリンク

新潟と山形は
直江兼続ゆかりの地と言うことで、
新潟VS山形戦は「天地人ダービー」
となりました~。

新潟に住んでいると
なんでもかんでも「天地人」だなぁ
と思う今日このごろです。


ちなみに嫁さんに
きょうは、「天地人ダービー」を見ないと
いけないからいそがしといっておきましたが、
なんのことか解らず
大河ドラマの特番かなにかと思ったみたいです。^^;


さて、試合の方はというと
しょっぱい試合とでもいうのでしょうか。

まぁ、連戦の影響もあったのでしょう。
あまり、面白い試合とはいえませんでした。


正直、勝利したものの
審判の判定も含め新潟に運があったと感じました。
負けた可能性も十分ありました。

正直、相手山形にも助けられたような気もします。

決定力のあるFWのいるチームだったら
完全にやられていましたね。


J1ではフレッシュな山形、
順位も上位だし、たのしみにしていましたが、
上位に居座るのは苦しいですね。

前節、磐田の方が攻撃の迫力では
一枚も二枚も上手でした。

お隣同士で同じ雪国
ぜひがんばってもらいたいものです。



この試合は、ついにスタメンをいじってきました。
(中野はジウトンの代役かもしれないので除く)

チョ ヨンチョルがスタメン。

ここのところパフォーマンスが落ちていた
ように感じていた松下だったので
僕は良かったと思いました。

たで、プレースキックはマルシオより
松下の方が面白いボールを蹴るなぁと思いましたが。


こうして山形と比べてみると、
大島、ペドロ、矢野、マルシオ、チョ
という前線の選手は
かなり驚異的な攻撃陣ですね。


次節は、本当にアルビの実力が試される
試合になると思いますので、
勝ち点3で
この連戦のもやもやを
吹き飛ばして、
全国のサッカーファンを
おどろかしたいところですね。





にほんブログ村 アルビレックス新潟

掲示板はこちら





スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。