水戸ホーリーホックに4対0での惨敗!かすかなプラス材料とは。2021年シーズン #albirex

スポンサーリンク


水戸ホーリーホック 4-0 アルビレックス新潟

まさかの4対0!

今日は完敗でした。

水戸は前線からプレスに行くときの連動が
素晴らしかった。
センターバックが
相手ゴール付近まで
プレスに来るんですね。

紙一重のプレ-ですが、
タビナス ジェファーソンのような
スピードのあるセンターバックが
いるから出来るやり方ですね。

その意味では、岡本のような
センターバックは
水戸のやり方にマッチするんでは
ないでしょうか。

水戸の両センターバックが
良かっただけに岡本も即
スタメンとまでは行かないかも
しれませんが、
秋葉監督のやり方は
うまく選手をローテーションしながらの
ようなので、岡本の加入は
水戸にとっては
プラスとなりそうです。


無得点に終わったこの試合ですが、
前節高さのある高澤が入って
クロスを多めにしたことで、
なにか攻撃がチグハグな感じがしました。

ラインの高い水戸の裏を
ロングボールで狙う作戦だったのかも
しれませんが、
相手センターバック
タビナス ジェファーソンが
スピードがありすぎでした。

普通だったら裏を取れた
ボールでもことごとく
回収されてしまいました。

あれだけ、スピードがある
選手がいると裏を取るのは
相当難しいですね。

少し、スカウティングが
まずいのではないでしょうか。

水戸は結構、前線から奪いに来る
シーンがあったので、
一枚剥がせれば
かなり違ったのですが、
今日は難しかった。

今日あたりは、至恩を
入れていれば
違った展開に持ち込めたのでは
ないでしょうか。

高澤ではなく至恩です。

水戸が選手交代をうまく
使っているのに対して
新潟はセンターバックに疲れが
見えました。

逆に言うと、今日は湿度が
高く体力的には苦しかったと
思うので、次節はもう少し
アルビの両ベテランセンターバックも
動けると思うのですが。

ただ、アルベルトにはそのあたりも
ケアしてほしいものです。

それにしても、今日は水戸の
出来が良すぎました。

2人、3人で囲んでも
簡単にボールを奪われないし、
一瞬の足技でかわす技術の
高い選手も何人もいました。

アルビにとって
プラス材料は、
至恩のキレが戻ってきていることと、
ジェフ千葉や、今日の水戸のように
上位とは力の差がない
チームが多いので
磐田、京都にしても
簡単に独走は出来ないと
いうところでしょうか。

今日の敗戦でたぶん
自信も失ったと思うので、
次節、立て直せるかどうかも
アルベルト監督の力の
見せ所ですね。

反町監督時代は
本当に1周間で、
見違えるように修正してきました。

次節は勝利で悪い
流れを払拭しましょう。



ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense