強化部は京都から目を話さないこと!ワンチャンあり、救うべき選手とは。

スポンサーリンク


シーズンも終了して
J リーグもストーブリーグに突入。

我がアルビも
残念ながらJ2定着で
補強の様子も変わってきました。

すでにBIGクラブを狙う
クラブではなくなってしまいましたが、
ひとつ面白いのは
J1の強豪クラブの
将来有望な若手選手が、
出場機会をもとめて
移籍してきてくれる
立ち位置になりました。

小島、中島、荻原は
まさに良い例。

玉乃GMの力もあったとは
思いますが、
今後もこの流れは
継続されそうです。

さて、タイトルの京都の選手とは
ずばり
帝京長岡出身の谷内田哲平選手です。

帝京長岡は昨年全国ベスト4。
帝京長岡が強かったことは
このブログを読んでいる人で
あれば知っていることでしょう。

その時の中心選手です。

帝京長岡のサッカーと言えば
パスサッカー
小学生年代から一貫して
作り上げているそうで
見ていて本当に面白いです!

ある意味、
アルビもこの帝京や
日本文理のシステムを
遅まきながら
真似をしていると
いっても過言では
ありません。




チームのスタイルを
持っているという意味です。


京都は来季は
チョウ・キジェ監督。

今はどういうサッカーを
目指していいるのかは知りませんが、
湘南時代のサッカーは、
完全なカウンターサッカー。

走るサッカーです。

良い、悪いではなく
アルベルトの志向するサッカーとは
かなり違います。

そして、長岡帝京のサッカーは

チョウ・キジェのサッカーと

アルベルトのサッカー、

どちらに近いかというと
完全に後者です。

絶対に谷内田選手は
アルベルトのサッカーに
合うはずです!

谷内田選手がキジェ監督の下で
くすぶっているようであれば、
レンタルでも良いので
アルビに引っ張ってきて
もらいたいものです。

谷内田選手がアルビで
即戦力になるかどうかは
分かりませんが、
谷内田選手がオレンジのユニホームで
ビッグスワンに立つようなことがあれば
長岡からサポが
大挙して押しかける
はずなので
両者にとって良いことずくめです。
(谷内田選手、アルビ)

来季はレンタルで
アルベルトのサッカーを
学んでもらって
その後は・・・( ̄ー ̄)

可能性が全くない話でもないので
楽しみにしていましょう。



ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。