なぜ新潟は浦和レッズに負けたのか!1st最終戦2015年シーズン

スポンサーリンク

降格圏にいるアルビにとっては
絶対に負けられない一戦。

浦和に力の差を見せ付けられてしまいました。

新聞なんかを見ていると
かなりネガティブな意見が多いですね。


僕も正直、”がっくり”きましたが、
そこまで落ち込むことはありません。

まず、ひとつ言いたいのが
審判の問題。
浦和の守備は厳しかったし
手を使ってアルビのFWを抑えているシーンが何度もあった。

あれを認めていたらJリーグが終わってしまうのたが・・・。

アルビのセットプレーは正直、あまり怖くないので
審判のレフリングをみて、ファール覚悟の
ディフェンスをしてきたとも見える。
そうでもしないとラファエルを止められないし
審判が違えば結果も違ったのでは。

逆に言えば、マルシオなみのすごいキッカーが
いればラファエルも生きてくるのでしょう。



それに何といっても浦和は強かった。

さすがにファースト無敗チーム。

新潟の中盤のディフェンスが甘いような意見もあるようだが、
実際には要所要所でワンタッチでつないでくるので
簡単に詰めれるものではない。

ワンタッチパスの精度もかなり高い。
(パスの受けて手のポジションもいい↑)


あれだけワンタッチを入れられると止めるは簡単ではない。


加えて、西川の存在が大きい。

足元もうまいし
マイボールでDFがボールを持っている
ときのポジショングやらがうまいので
苦しいところでキーパーに戻していけるから、
前線からプレスをかけても奪える可能性が
どうしても低くなってしまう。

そうすると選手もなかなか前線からプレスを
かけれなくなってくる。

単純にキーパーとしての判断も素晴らしいですが。




ただ、こういう試合を見せられると
監督の采配には疑問も残る。

賛否両論あるとは思うけど、
反町監督のように
もっと相手によって戦術を変えてもいいのでは。


今の浦和相手だったら中盤でプレスをかけても
奪える可能性は低いので
ある程度自陣に引いてリアクションサッカーでも
いいのでは。

浦和は清水や松本山雅、山形からは1点しか取れていない。

アルビはどうかというと、アルビはシュート数、チャンスの数なんかでも
浦和とそんなに遜色はない。
浦和にとってアルビはそんなにやりにくい相手ではないのでは。

真っ向勝負だと、決定力の差が出てきてしまう。

まぁ、この試合はある程度守備的に行こうとしていた
みたいですが。


いろいろゴチャゴチャ書いてしまいましたが、
幸運にも次はセカンドステージ
気持ちの上で一度リセットできるというのが
大きいですね。

開幕戦は非常に重要に成ってきますが、
勝利できれば
がらっとチームが変わる可能性はあると
思うので、下を向かずホームではきっちりかりを
返したいですね。


アルビ情報こちらにもあります次項有にほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります








ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。