家元主審はJを変えられるか!?G大阪戦、疑惑の判定にみるJの未来。

スポンサーリンク

非常に残念な引き分けに終わったG大阪戦。

いつも通り、掲示板のハシゴをしていると・^_^;

PKを取られた判定に憤っている人が
結構いました。

ゴール前での混戦でのPKだったので
正直、僕はなんでPKなのかよく分らなかったんですが、
気になったので何度もビデオでPKのシーンを見てみました。

なるほど確かに誤審もいいとこですね!

ただ、主審は相手のシミュレーションにだまされて
笛を吹いたのか、その前にマイケルが体を使ってブロックした
ことをPKと判断したのかさだかではありませんが、
(だとしても、非常に厳しい判定ではあります。)
とにかく、こういった審判の笛で勝負が決まってしまうと
いうのは問題ありです。

家元主審は何度も問題(?)を起こしているので
レベル的にどうかはわかりませんが、
ゴール前でシミュレーションをされたら
それを見破るのは非常に難しい!

シミュレーションは
カードの対象になるということになりましたが、
今度は、本当に足が引っかかっているのに
シミュレーションを取られてしまうという
おかしなケースもでてきました。あせあせ(飛び散る汗)

そうなると審判もシミュレーションを取るということも
なかなかできない。



そこで、前々から言っていることですが、
勝敗を大きく左右してしまうPKのときだけ
ビデオ判定を取り入れてほしいのです。


シミュレーションだとビデオで見ると
結構分ったりもします。


今回のケースもビデオ判定があれば
最終的にPKになったとしても
みんなが納得するのではないでしょうか。


いまやメジャーリーグのみならず、
日本のプロ野球でもビデオ判定を取り入れている時代。

かなり、古い体質の相撲会でも
ビデオ判定はいち早く取り入れているのだから
「誤審もサッカーの内」なんて古い考えは捨ててほしいものです。


考えてみると
選手、
サポーター、
審判、

と、ビデオ判定を取りいれて困る人はいないわけだから
何とかしてほしいものですね。


どういうやり方が一番いいのかは
これから詰めていけばいいと思いますが、
とりあえずはPKのシーンで主審が
ビデオで確認したいと思ったケースだけでいいと思うので
絶対に取り入れてほしいです。

体制さえ整えてあれば
時間はそれほどかからないと思います。


選手が一生懸命戦っているのに
最後が審判の誤審で決着がついてしまうと
いうことばかりやっていると

絶対にJリーグから観客ははなれていくと思います!!


シミュレーションを見抜く難かしさを
審判の方からも声をあげてほしいですね。


ちなみに僕は絶対にみぬけません!!^_^;




アルビ情報こちらにもあります次項有にほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります













ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense