衝撃の事実!”J”へ告ぐ。

スポンサーリンク

川淵チェアマンが率いて
華々しく始まった日本でのプロサッカー。

なんとなく最初のイメージが強いせいか
Jリーグは時代の最先端をいっている
感じがあったんですが、

今日、たまたまバレーW杯をみていて驚きました。


そんなにバレーに詳しいわけではないけど

なんと!

チャレンジがあるではありませんか!!

(チャレンジとは簡単にいうとビデオ判定)


判定に不服があるときは
2回までビデオ判定にゆだねることが出来る。

しかも、チャレンジが成功した場合は
カウントされないという
粋(いき)なはからい。

「うーん、進んでますね」


やっぱり、盛り上げようとしている
ところは勢いや良いアイディアがありますね。


あまり支持されませんが、
僕は前々からビデオ判定導入派。

バレーや野球、テニスなんかに比べても
サッカーは1点に重みがあるスポーツ。

”なぜなんだ、
なぜビデオ判定を導入しないんだ!”
(↑厚切りジェイソン風(これが言いたいだけかっ^_^;))


審判のプライドの問題もあるのでしょうか?

バレーも含めて
他のスポーツは審判も納得の導入なんでしょう。

そういう意味では”Jリーグ”は審判を
擁護しすぎの感はありますね。


誤審があることなんて当たり前だし
みんな分ってることなんですけどね。



Jリーグの場合はこうしたらどうでしょう?
———————–
チャレンジが出来るのは
1stステージ1回
2ndステージ1回の合計2回

チャレンジが成功した場合はカウントしない。
———————–

これならやたらめったら試合が止まることはないし
ここぞという場面でのチャレンジになるので
監督の裁量にも注目が集まる。


 
Jリーグはぜひ本気でビデオ判定の導入を
検討してください。











ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense