ホーム京都戦。勝ち点3ならず!ルヴァンと比べると・・。2018年シーズン

スポンサーリンク

監督がこの試合をどう評価したのかは
分かりませんが、
この前のルヴァンが良かっただけに
ついつい比べてしまいますね。

水曜日に試合があったこともあって、
大谷、堀米以外はメンバー総入れ替え。

(この時点で川口には ”喝!!” ですが。)


相手も違いますが、僕はルヴァンより
悪かったと感じました。


まず、自分でもっての突破が少ないんですね。

カウンターぎみに攻めて、
相手の守備陣も整っていないので
そのままゴール前まで自分で運べばいいものを
途中で止まって、相手守備陣が戻ってくるのを
待っているシーンが何度もありました。

それが、多かったのが小川と加藤大でした。

考えてみると、そのポジションには
ルヴァンの時は端山と伊藤。

少々、数的不利でもガンガン攻めていました。

それが、分厚い攻撃を生み出していました。

小川と加藤大はボールをキープして
仲間の上がりを待つ事が多かった。

相手守備陣が整っていなければ
ガンガン自分で攻めてほしかった。

ただ、端山、伊藤と小川、加藤というのは
タイプが違うので、監督もルヴァンと同じような
プレーを求めていたのではないのかもしれませんが。

素人目にみると、小川はトップ下あたりで
ボールをさばいたり、ゴール前に入ったりする
役割の方があっているようにも見えました。

サイドでなく。



あとは、ルヴァンでは渡邉新太ががんがん相手の裏を
狙って動いていたけど、その動きは少なかった。

比べると渡邉新太はがんばっていたと思います。


あとは、パスも持ちすぎが多かった。

ルヴァンでは、もっとワンタッチ、ツータッチで
テンポの良い球回しが見られましが、
この試合は残念でした。


正直、京都はセットプレーの守備もあまいし、
DF陣もあまりスピードがなかったので
勝てると思っていただけに
残念でありません。


ただ、守備はあぶない場面もありましたが、
カバーの意識が徹底されていると感じました。

J2だったら簡単に失点はしないんじゃないかなぁ
とも感じました。
(今日はセットプレーでやられましたが。)

ちょっと今日は
ダメ出しブログのようになってしまいましたが、
これからどんどん良くなってくると
信じて応援しましょう。

川口がんばれ!




アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)arrow.gifにほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります















ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。