山形に逆転負け!逆転負けより気になることと明るい材料とは。2021年シーズン #albirex #モンテディオ山形

スポンサーリンク


今季初の逆転負け・・・

今日は日曜ですが、
いまだショックから抜けきれません・・・


谷口のスーパーボレーで先制。

谷口はあれだけのシュートを
決めきるんですから
J3で得点王になれるわけです。


試合内容はそこまで悪くは
なかったような気もしますが、
気になる点が2つ。

ひとつは
アルベルト就任時、
クラブはJ1でも上位を狙えるように
アルビのスタイルを築くと
明言していたはずだったのに
どうも最近は
愚直にスタイルを守るより
目先の勝利にこだわっているように
見える。





本当に山形は対象的でした。

お互い、自陣からボールを大切に
するサッカー。
のはずでしたが、
アルビは自陣からの組み立てが
うまくいかず。

対する山形は、アルビの前線からの
プレスを楽々とかわしていました。

アルビは、前線のプレスが
中途半端なので
簡単にかわされてしまう。

全員で行けてないんですね。

加えて、相手キーパーの
足元のうまさも大きかった。

僕は、キーパーは阿部も
良いとは思っているのですが、
昨日に関しては
小島だったら
また違った展開になったような
気もします。

山形は剥がし方が
本当にうまかった。

早川も素晴らしい選手で
なくてはならない存在だとは
思いますが、
きのうの山形のようなサッカーを
したいのであれば
千葉クラスの
足元があり、少々のプレスではあわてない
センターバックが
ほしいですね。

結果、アルビはロングボールを
多様。
スタイルを捨てて
相手に合わせたのでしょうか?

そこがどうも
気になります。


ひとつ言えることは、
山形は強かった。

足元の上手い選手が多いし、
前線からの守備の
連動がいい。

試合開始からガンガンプレスに
来ていたので、
絶対、後半落ちてくるなと
見ていましたが、
選手交代がたくみで
なかなか攻め手がありませんでした。

途中から堀米(山形の)なんかが
入ってくるのですから
選手層も厚いのでしょう。


もうひとつの気になる点は
試合後の監督インタビューで
「次節は修正して、絶対に勝つ」
みたいな談話がないこと。

どうも監督のインタビューを
聞いていると
「もう手を尽くして
監督にできることは
なにもない。」
というように聞こえてしまう。

前回昇格時の
反町監督の修正力は
すごかったんですが・・・


アルビにとって
明るい材料と言えば、
山形は本当に強い相手だったし、
水戸、千葉も簡単勝てるチームでは
なかったこと。

つまり、磐田、京都の
独走の可能性は
低そうなところでしょうか。

もうひとつ上げるとしたら
選手にプレッシャーがかかっている
かもしれないというところ。

信じられない人もいるかも
しれませんが、
負けられないという
プレッシャーがありすぎると
プレーに影響が出てしまいます。

これは、いい意味で
開き直れると劇的に変化
するのですが。


どちらにしても、
目の前の試合に勝つことだけを
考えるが大事。

応援しましょう。

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense