苦しみながら、いわてに勝利。この1勝が価値のある理由とは。2022年シーズン #albirex #新潟盛岡

スポンサーリンク


アルビレックス新潟 2-0 いわてグルージャ盛岡

伊藤が出場した試合は
ついつい
いつも言ってしまうんですが、

”伊藤はうまい!”

ですね。

前半早速魅せた
相手を背負っての
ターンは圧巻でした。

それだけでなく
体の向きで相手をかわす技術。

先制点のアシストも
外にパスを出すとみせかけての
中へのパス。

魅せてもらいました!

本当によく新潟に来てくれました。

ただ、今日は
最後に伊藤と交代で入った高木が
短い時間ながら
すごくいい仕事をしていました。

正直、チームの中での機能という
面では高木の方が
ファーストチョイスと
なりそうです。


解説によると
今日のいわての出来は
前節までのいわてと比べて
すごく良かったようですが、
実際苦しめられました。


この試合の1勝に価値があるのは
新潟の出来はいまひとつだったことです。

こういうあまり良くない内容の中でも
勝ち点3が取れたというのは
本当に大きいです。

優勝するようなチームは
全試合圧倒してるわけでもなく、
苦しい試合をなんとかものにしている
ことも多いものです。

そういう意味では
こういう試合をものに出来たのは
すごいことです。


この連戦を2連勝で
スタートさせることができ、
メンバーもうまく
入れ替えることにも成功。

次節は中2日での
長距離移動ですので、
苦しいところだとは思いますが、
松橋アルビの力をみたいです。


このいわて戦で
高、島田問題

現実味を帯びてきました。
(2人の出来が良すぎて代えが効かない。)

松橋監督がどういう
判断をするかはわかりませんが、
思いきって若手の起用も
あるかもしれません。

今日は、秋山がベンチに
入っていたので
スタメンあるかもです。

期待しましょう。






ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。