クラブ目線で見たら、大問題!革新的な方法。Jリーグはどこへ向かおうとしているのか。

スポンサーリンク


アルビサポにとっては
小さな記事ですが、
見逃せない記事が新潟日報に
掲載されていました。

内容はと言うと

 浦和サポーターの
 新型コロナウイルス対応ガイド違反行為に
 対して適切な措置を講じられなかった為
 に浦和に罰金300万円の処分を
 科した。

というもの。

僕が驚いたのは
問題になった試合が
浦和のホームではなく
大分での試合だったと
いうこと。

大分にもけん責の処分が
科されたようですが。

今回の事は
観客の安全を守る為に
主催した大分側がなんらかの
対策をとるべきで、
浦和のサポと言っても
クラブの組織のどこかに
属していいないかぎり、
いち浦和を応援している
サッカー好きな人たちに
浦和がクラブとして責任を
取る必要があるのでしょうか?

違反した人達を
出入り禁止にしたりする事は
できるのかもしれませんが、
あくまで、
浦和主催の試合でしか
できません。

Jリーグとしては、
ビジター席に居た人達と
一般の観客で線引きをしているのかも
しれませんが、
どうもおかしな話です。




プロサッカーに置いては
サポーターの存在が大きいとは
言われますが、

サポーターというのは
どこまでを指すのか、

サポーターはクラブの管理下に
置かれるべきものなのか、

なにか釈然としないものが
あります。

”クラブとサポは一体なんだよ”

と言う
Jリーグの考えも
わからないでもありませんが、

浦和にとっては、
厳しい判定となりました。

とは言え、
今後もこの傾向は続くと
思うので、
サッカーとはこういうものだよ
という事が浸透しそうですね。


プロ野球だったら
考えられない話です。









ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。