未勝利は続くよ、ど・・・・ ルヴァン広島戦。1対0の敗戦。監督の采配は。

スポンサーリンク

なかなか勝つのは難しいです。

G大阪戦、鳥栖戦でも書いたのですが、
そこまで状態が悪いとも思えないのですが・・・。

特に立ち上がりは前線からのプレスが効いて、
広島守備陣のミスを誘発。

得点のチャンスは何度かありましたが、
やっぱり決めきれず。


この3試合はこんなパターンが続いています。


ただまぁ、実際失点が多すぎるので
ここは早急に改善しないと
いけないところでしょう。


ところで、みなさんは、今季J2で東京ヴェルディが好調な事を
ご存知じでしょうか?

守備が見違えるほど固くなったらしいです。

ヴェルディも今年は新監督、スペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナが就任。
かなりの名将らしいです。


ある記事に選手のインタビューが乗っていて
少し気になったので紹介します。

「ひとりひとりがやることと、それに対する周りの動きを徹底して組織されているのが、今年のヴェルディだと思います」(井林)


こういうインタビューなんかを聞いていると、
やっぱりサッカーというスポーツにおいて
監督の力というのは大きいんだなぁと感じてしまいます。


組織的な守備はもちろんアルビもやっているとは思いますが、
徹底されているかどうかは、微妙なところです。

三浦アルビのメンバーを見ると、
守備に頑張る選手を重用(ちょうよう)してきた印象もあるのですが、
結果が伴わないせいか、この辺りはぶれてきているようです。

ロティーナクラスになれば、この辺りのぶれはないのでしょうけど、
三浦監督のようにJ1で初采配のうえに
結果が出てないと自分のやり方を進めていいのか
かなり苦しい決断を迫られそうです。


次節は、前監督吉田氏率いるヴァンフォーレ甲府戦。

三浦監督の去就を占う上でも重要な一戦になりそうです。


この広島戦の後半途中にホニを投入しましたが、
ほぼ機能しませんでした。
これがなぜかを三浦監督が理解していなければ、
たぶん甲府戦はホニは抑えられてしまうでしょう。


ホニを先発で使わず、ミドルが打てるブラジル人あたりを
使うというのも甲府対策にはいいと思うのですが・・・
相手の裏をかくという意味では良いタイミングだと思います。
先制するとこができれば、ホニはかなりの脅威になります。

もしくは、ある程度ホニはおとりに使ったりを
徹底できればいいのですが、
たぶんできないでしょう。


苦しい戦いが続きますが、調子は上向いていると信じて
期待しましょう。


参考までに↓
名将が変えたヴェルディ。
バルサっぽくないスタイルにJ1昇格の予感





アルビ情報こちらにもありますにほんブログ村 アルビ情報こちらにもありますrakkoani.gif










ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense