いろんな状況を現実的に考えても、吉田達磨監督再登板しかない。

スポンサーリンク

落ちるところまで落ちたアルビです。

もう次期監督に期待するしかないでしょう。


理想だけでなく、
現実的に考えて、

ずばり

”吉田達磨”監督なんてどうでしょう。


甲府を辞めて、今はフリーのはずですし、
新潟をあんな形で去っただけに
新潟でリベンジを果たしたい気持ちも
強いはず。


サポの中に
アンチ”吉田達磨”が居るのも
よく知っています。


ただ、結局は人の評価というのは
比較の部分も大きいもの。



吉田監督時代は、J1上位を狙うという
期待感が大きすぎました。


J2に落ちて、J1のレベルの高さを
再確認したサポも多いはず。



吉田監督は、堅守速攻主体のアルビに
独自の理論でポゼッションを持ち込みながらも
J1でも降格圏には一度も落ちずに
戦っていました。

J1チーム相手に互角以上に
戦っていました。

思うように勝ち点が伸びなかったのは
事実ですが、
栃木戦のようななさけない試合は
ほとんどなかった。


反対する人は、
今年の甲府での失敗を
上げると思いますが、

甲府サポもアルビと同じで
J2を舐めていた部分もあったと思います。

少なくとも、昇格争いには
絶対、食い込めるだろうと
思ってしまっていたのでしょう。


実は、J2は簡単なリーグでは
なかった。
言わば、監督だけの責任では
ないということです。



一昨年、解任となった監督が
カムバックして、
チームを再建。

ストーリーとしては、
完璧です。


そもそも”吉田達磨”監督が就任すれは、
それだけで話題性十分です。


こういう、カンフル剤的な
監督交代の時は、世間の注目度と
いうのも大切なものです。




吉田達磨新監督が、
どれだけ現実味があるかどうかは
知りませんが、

誰が来てくれるにしても
もう次期監督に期待するしかないですね。





アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)arrow.gifにほんブログ村 アルビ情報こちらにもあります












ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。