千葉戦で完敗を喫するもそこまで落ち込む必要がない理由とは。

スポンサーリンク


タイトルで完敗と書きましたが、
負けてはいませんので、
あしからず。^^ 


負けはしなかったものの
ほぼ押し込まれた状態で
なかなか攻撃の形ができず
僕も千葉戦後はかなり落ち込みました。

おそらく、千葉は
対新潟対策は
練ってきていたとは思います。

それを感じて新潟は
弱点をさらしてしまった!と
嘆いているサポも多いようです。

千葉は、前線から連動した
プレスで新潟を封じ込めました。

では、これからは
他のチームが千葉の真似を
してくるのかと言えば
そう簡単ではありません。

そもそも、前線からプレスと
いうのは体力を使うものであるうえ
ひとりでもサボっている選手がいると
うまくいきません。

「何人かサボっている」ではなくて
「ひとりでも」です。

しかも90分通しては難しいので
どこでスイッチをいれるかの
意思統一は難しいものがあります。

以前某チームもY選手なんかが
前線からプレスを
かけに行くも
後ろが付いてこず、
ただ、ただ、走り疲れている
シーンを何度も見ました。
(某チームとはアルビのことです。
 ちなみにY選手とは矢野選手です。^^;)

かつ、前線からボールを奪い切る
ことは難しいので、
苦し紛れのロングボールに
競り勝ってマイボールにできる
守備的な選手も必要となります。

その点、千葉はボランチ、センターバックの
能力が高く、
うまくハマっていたとは思いますが、
アルビも前線に至恩や三戸のような
スピードがあって剥がせる選手を
残していれば展開は全く違ってきていたと
思います。
(ビルドアップに参加させずに
 前線に残しておくという意味です。)

つまり、どのチームでも千葉の真似が
出来るかと言うと簡単では
ないということです。


千葉戦の敗戦で、
すでに昇格をあきらめたサポもいるようですが、
天皇杯C大阪戦、大宮戦は
悪い戦い方はしていないので、
今後も期待しましょう。

ブログランキング

アルビ情報こちらにもあります
(ブログ村)にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ


Albiブログランキング

スポンサーリンク
Google Adsense
Google Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense